ホーム   »   事件  »  金塊密輸 後編
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
金塊密輸の後編です。前回は密輸の行程を4つに分けましたが、それを解説して行きましょう。

①日本より現金を持ち出して買い付け地の香港へ行く。
まずここで、一つ目の難関です。金塊を香港で購入する為に、日本から買い付け資金を持ち出さなければなりません。現金で持ち出す場合は税関を通らならなければなりません、犯罪目的ですから申告出来ないでしょうし、申告しても「金」を買いに行くと言う理由では、帰国の際に消費税を払わなければならなくなるので、無申告で持ち出すのでしょう。
或いは、クレジットカードで買う、海外で現金を銀行口座から引き出すと言う手段も考えられます。クレジットカードの場合はカード手数料がかかるので、考えにくいでしょうか?
どちらにしても、日本円を香港ドルに換えないといけませんので、ここでも為替手数料がかかってしまいます。

②香港で金塊を購入する
これは、指定された者や業者から購入するのでしょう。
一応身分証明書の提示は求められるでしょうが、日本の当局とは情報共有してないと思います。

③購入した金塊を密輸する
ここが摘発される重要行程です。体に巻き付けたり、体内に入れたり、手荷物に紛れ込ませたりして持ち込むようですが、ここで発覚します。どの位の割合の成功率なのかはわかりません。

④密輸した金塊を業者に売却する
ここでデリバリー役の一連の業務は終了です。売却先も決まっていると思いますので、ここで利益が確定するのでしょう。買い取った業者は売却側に消費税を払います。

最近では香港からの密輸が目立っているので、香港から韓国経由で日本に密輸をしている方法も増えているようです。

上記の④で終わると、損をするのは金塊買取業者ですが、ここからウルトラCがあります。④で消費税を払って買い取った業者が、この金塊を正規のルートで①の香港の金売却元業者に輸出するのです。
これをする事によって、日本で金塊を消費税を払って購入した業者は、消費税還付の申請が出来ます。還付申請する事で、消費税が戻ってきます。この還付金が戻ってきて、本当の終了です。

このスキームからわかるように、香港で金塊を売る業者と日本で金塊を買う業者は繋がっています。繋がっているからこそ、成り立つスキームなのです。還付金が戻ってくれば、損するのは日本の税務当局です。ひいては国民です。

そして、この犯罪が多発している理由は、見つかっても罰金・消費税を払えば終わってしまうからです。摘発された97%は、それで終わりです。密輸した金塊は没収されませんし、密輸した人も刑務所に行く事は殆ど無いようです。

このような背景がある為、この犯罪は増えているようです。
関連記事
スポンサーサイト

NEW Topics
金塊密輸 後編
資金洗浄、全地銀を調査へ
金塊密輸 前編
日経先物225 運用 2018年5月
オフショア会社設立代行の苦悩
『ブレイキング・バッド』(Breaking Bad)
ウェルス・マネジメント
米朝首脳会談
日本の外食産業の海外展開
アマゾンの税金に対する考え方
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
クリックして頂けますと更新の励みになります。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
ありがとうございます(=^0^=)
ご質問・ご相談があればメールでご連絡下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
86位
アクセスランキングを見る>>

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930