FC2ブログ
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトプライベートバンク  »  ウェルス・マネジメント
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数十年ウェルス・マネジメントと言う言葉を頻繁に耳にしませんか?
ウェルス・マネジメントとはWealth Managementと英語で書きます。「Wealth」を直訳すると「富、財産、富裕」や「豊富な」と言う形容詞的な用い方使う意味です。結論から申し上げると、ウェルス・マネジメントとはプライベート。バンキングと同じような意味合いで使われていると理解していいかと思います。

しかしながらこの「ウェルス・マネジメント」と「プライベート・バンキング」は微妙に違います。特に金融界ではウェルス・マネジメントを使った部署が金融機関や証券、投資会社に事業部門として存在します。例えば「ウェルス・アンド・インベストメント・マネジメント」や「アジアウェルス・アンド・マネジメント」などと称されています。これらの部署は従来のプライベートバンキングに、ここ数十年多様化したマーケットや、デリバティブを駆使した手法を取り入れた、新時代のプライベートバンキングと言う考え方でしょうか?

なんでもそうですが、そもそものプライベートバンキングと言う意味もここ数十年で急激に変わってきました、これは大手金融機関がこのプライベートバンキング市場を、今後の成長市場と察知して参入し、顧客の争奪戦が繰り広げたからでしょう。また、その時代は丁度「マス富裕層(Mass Affluent)」という40歳代から50歳代までの年齢層で、年間の家計所得が約10万ドル以上、第二次世界大戦が終わった後に生まれた、いわゆる「ベビー・ブーマー世代」を、プライベートバンキングとして営業し顧客として取り入れて行こう、という金融機関の思惑が垣間見れます。

今では顧客の資産額によって、富裕層、中富裕層、超富裕層などとセグメント分けし、本来のプライベートバンキングの顧客層には入れなかった富裕層が増えて来ており、その層を獲得し利益を得ようという金融機関が増えて来ています、それをウェルス・マネジメントとカテゴライズしたようです。これには金融機関の「預かり資産営業」が強く影響している結果と思います。

プライベートバンクでもウェルス・マネジメントでもいいのですが、営業担当者の言いなりで「カモ」にならないようにしてくださいね、PBでもWMでも本質は資産家の為の金融コンシェルジュであって、先方主導で手数料を稼がせる為ではありませんからね!



関連記事
スポンサーサイト

NEXT Entry
『ブレイキング・バッド』(Breaking Bad)
NEW Topics
金塊密輸 後編
資金洗浄、全地銀を調査へ
金塊密輸 前編
日経先物225 運用 2018年5月
オフショア会社設立代行の苦悩
『ブレイキング・バッド』(Breaking Bad)
ウェルス・マネジメント
米朝首脳会談
日本の外食産業の海外展開
アマゾンの税金に対する考え方
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
クリックして頂けますと更新の励みになります。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
ありがとうございます(=^0^=)
ご質問・ご相談があればメールでご連絡下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
74位
アクセスランキングを見る>>

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。